Top >  ダイエットサプリメント >  便秘にビフィズス菌が効果的

スポンサードリンク

便秘にビフィズス菌が効果的

善玉菌が優性な便は腸が健康です。腸内環境の良い便は、いきみすぎずに気持ち良く排便でき、便の色が黄色か黄褐色で、バナナ状で2〜3本、便が水に浮く、臭いがきつくないと言われています。

色が黒っぽい便は食べ物のせいもありますが、胃腸のどこかで出血している可能性もあります。
 
また便秘の予防には善玉菌の代表「ビフィズス菌」が有効です。ビフィズス菌には便秘の予防として、酢酸や乳酸を生成して、腸の蠕動運動を促進させます。

ビフィズス菌には免疫力を高める、ビタミンB群の合成、悪玉コレステロールを分解して吸収を防ぎ動脈硬化を予防するなどといった働きもあります。

ビフィズス菌は腸内でビタミンB1、B2、B6、B12、K、ニコチン酸、葉酸などを作り出す働きもあるのです。ビタミンB群は美肌ビタミンとも呼ばれて美肌にもかかせません。




スポンサードリンク

 <  前の記事 便秘にオリゴ糖  |  トップページ  |  次の記事 便秘解消と規則正しい生活サイクル  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2047

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ダイエット!の前にダイエットの基礎知識」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト