Top >  メタボリックシンドローム >  便秘と口臭・体臭の関係

スポンサードリンク

便秘と口臭・体臭の関係

便秘で腸内に排泄物が長く時間滞在すると、腐敗が進んでしまいます。便秘が続いて腐敗が起こると、腸内の悪玉菌によって有害物質へと分解されます。

この分解されるときにガスが発生し、ガスは便秘で外に出られないので腸内にたまってお腹が張ってぽっこりお腹になるのです。また腸内で発生した有害物質は血液に溶け込んで全身に行き渡り、頭痛やめまい、吐き気などの原因にもなります。このガスが口からも出て行くので口臭の原因にもなります。

一般的に1週間に3〜7回以上の排便がありますが、3〜4日以上お通じがない場合は便秘と考えられます。ただ回数はきちんとあっても、1回の排便量が少ない場合は便秘の可能性があります。排便回数だけでは便秘であるかどうかの判断ができません。

また排便時に苦痛を伴う場合や、排便がスムーズでなく治療を必要とする場合を便秘症と呼ばれています。




スポンサードリンク

 <  前の記事 便秘解消と規則正しい生活サイクル  |  トップページ  |  次の記事 便秘に効果的なもの  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2049

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ダイエット!の前にダイエットの基礎知識」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト