Top >  メタボリックシンドローム >  内臓脂肪ダイエットで生活習慣病を防ごう

スポンサードリンク

内臓脂肪ダイエットで生活習慣病を防ごう

健康のためにダイエットを行なう人が増えています。
内臓脂肪肥満生活習慣病(メタボリックシンドローム)の予防のためのダイエットです。
ここで大事なのは皮下脂肪だけ落としても駄目だということです。
内臓の周りにベットリとついた内臓脂肪こそ、生活習慣病を引き起こす原因だからです。
内臓脂肪は皮下脂肪に比べ燃焼しやすい特徴をもちます。
ですから内臓脂肪ダイエットに効果的とされるのは食事コントロールよりも有酸素運動だとされています。
ウオーキングやジョギング、水泳など酸素を効率的に使いながら、体脂肪を燃焼させる運動が内臓脂肪ダイエットに有効なのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ダイエットレシピ『ミートボール』  |  トップページ  |  次の記事 ダイエットの敵・活性酸素  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/181

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ダイエット!の前にダイエットの基礎知識」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト