Top >  ダイエット食品 >  ダイエットスイーツと人工甘味料

スポンサードリンク

ダイエットスイーツと人工甘味料

ダイエット中でもたまには甘いものが食べたくなりますよね。そんな時には自分でフルーツのケーキを作ったり、ダイエット用のスイーツを食べて欲求不満をためないようにした方が長い目で見てダイエットに成功しやすいといわれています。我慢ばかりしているとリバウンドで余計に太ってしまうこともあるので気をつけたいものです。

ダイエット用ケーキやスイーツは砂糖の代わりにダイエットシュガーや人工甘味料を使用していることも多く、安全面が心配です。

白砂糖よりも甘さを感じてカロリーは十分の1ほどとかなりの低カロリーな人工甘味料には、サッカリン、サッカリンナトリウム、アスパルテーム、糖アルコール(ソルビトール、エリスリトール、キシリトールなど)があります。

このうち、サッカリン、アスパルテームは発がん性を巡ってかなりの論議があり一度は使用禁止になったこともあり、今は使用されていますが、安全かどうかちょっぴり心配ですね。

また先天性代謝異常の病気のひとつのフェニルケトン尿症は、フェニルアラニンを分解する酵素がなく、必要以上に摂取すると脳に障害がおきてしまいます。8万人に1人といわれる発症率で、日本では生まれてすぐに検査をされるので知らないで食べてしまう危険はかなり少ないとは言われていますが、もし知らずにアスパルテーム入りの食品を食べると危険とされています。




スポンサードリンク

 <  前の記事 ローカロ雑炊ダイエット  |  トップページ  |  次の記事 玄米おにぎりダイエット  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2038

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ダイエット!の前にダイエットの基礎知識」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト