Top >  ダイエット食品 >  ダイエットの敵・活性酸素

スポンサードリンク

ダイエットの敵・活性酸素

活性酸素はからだに害があるだけでなく、ダイエットにも良くないようです。活性酸素は生きて呼吸をしているない避けられない、体内に入った酸素が変化したものです。活性酸素はただの酸素とは違って攻撃性が強く有害な物質なのです。

活性酸素は体内で不飽和脂肪酸と結びついて体の中を酸化させ、サビさせる働きがあるので体内公害物質とも呼ばれています。

有害な活性酸素が増えると、肌のシミが増えたり、疲れやすくなったり、血管が詰まったり、老化の原因や生活習慣病などの病気の原因ともなります。

喫煙、偏食、ストレス、過剰飲酒、食品添加物や公害、紫外線、殺虫剤やレントゲン、電磁波などは活性酸素の増えやすい生活習慣といえます。

活性酸素に対抗する栄養素は各種ビタミン類、抗酸化物質(スカベンジャー)のポリフェノールなどです。ポリフェノールにはアントシアニン、イソフラボン、カテキンなどがあります。

ポリフェノールは赤ワインやチョコレート、バナナ、マンゴー、春菊、そばなどに多く含まれていますので、バランスの良い食事で免疫力をアップし、老化防止、疾病予防をしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 内臓脂肪ダイエットで生活習慣病を防ごう  |  トップページ  |  次の記事 産後ダイエット  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/243

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ダイエット!の前にダイエットの基礎知識」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト