Top >  産後ダイエット >  ダイエットと弛緩性便秘対策

スポンサードリンク

ダイエットと弛緩性便秘対策

弛緩性便秘は、便秘の中でも女性や高齢者がなりやすいタイプの慢性便秘です。大腸の筋肉が緩んで収縮力が低下すると腸の蠕動運動がスムーズにいかなくなり、便秘になってしまいます。便秘になるとダイエットの効果が出ないばかりかやせにくく太りやすくなり健康上の問題も出てきます。

腸の蠕動運動が滞ると便が大腸を通過するのに時間がかかってしまうため、便の水分が吸収されて慢性的な便秘になってしまうと便やガスが腸内に溜まってきます。

するとおなかがぽっこりと出てしまい、おなかがいつも張って深いだったり、残便感に悩まされたりします。食欲不振、肩こり、頭痛、倦怠感、手足の冷えなどの症状が出ることもあります。

大腸の筋肉が緩んでしまう原因には、大腸を支える腹筋の筋力が衰えたり、胃下垂などの内臓下垂が原因になることもあります。また病気などで体力を消耗して筋力が弱った時にも起こります。




スポンサードリンク

 <  前の記事 わかめの食物繊維たっぷり便秘解消レシピ  |  トップページ  |  次の記事 ダイエットのために便秘解消!プロバイオティクス・ヨーグルト  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2059

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ダイエット!の前にダイエットの基礎知識」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト