Top >  産後ダイエット >  ストレスと便秘

スポンサードリンク

ストレスと便秘

便秘とストレス、一見無関係のようですが、実は深く関係があります。腸の蠕動運動は自律神経の副交感神経に左右されていますが、ストレスで自律神経が乱れると、腸の蠕動運動も乱れてしまいます。そして便秘を引き起こすと言われています。

ストレスは高血圧や心臓病など生活習慣病の原因にもなるので、ストレスをうまく発散させて溜め込まない方法をみつけることは健康のためにも重要なのです。

なぜストレスがこんなに健康に悪影響を及ぼすのでしょう?それはストレスを感じると体内でコルチゾールというホルモンが分泌されて、血管を収縮させたり、血管を詰まりやすくするからといわれています。

ストレス発散の仕方は人それぞれですが、やはり自分の好きなことをするに限ります。気のあう友人とおしゃべりしたり、犬と散歩をしたり、好きなサイトを見たり、本を読んだり映画を見たり、何か趣味を見つけて毎日を楽しむことも重要です。ストレスはイライラやドカ食いの原因にもなりダイエットの敵でもあります。




スポンサードリンク

 <  前の記事 便秘対策に腹筋を鍛える  |  トップページ  |  次の記事 便秘対策にビフィズス菌  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2055

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ダイエット!の前にダイエットの基礎知識」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト