Top >  産後ダイエット >  産後の骨盤矯正は早めが肝心!

スポンサードリンク

産後の骨盤矯正は早めが肝心!

産後に太ってしまうのは妊娠出産で開いた骨盤がそのままになってしまっているから。骨盤が開いたままだと内臓が下垂して、血行も悪くなってしまうことも理由のひとつです。

骨盤矯正の方法には、整体や接骨院に通う、骨盤矯正ベルトやガードルを使う、骨盤体操などのストレッチを行うなどがあります。

整体を行うこと、骨盤矯正ベルトやガードルなどを毎日着用することも骨盤矯正に効果があります。

出産後に開いた骨盤を外部から力を加えることによって正しい位置に戻し、身体のバランスを整えます。骨盤を開いたままで放置していると、むくみ・冷え性を引き起こしたり、血行が悪くなって肥満の原因、特に下半身の肥満原因になります。

骨盤矯正は、出産後なるべく早めに始めるほうが効果が出やすいといわれています。ストレッチや体操をすることによって骨盤のゆがみや広がりを矯正して、下半身太りを解消することができます。

また産後の早い時期に骨盤矯正を行うことで、垂れ下がりがちなヒップを上げる効果も期待できます。




スポンサードリンク

 <  前の記事 ダイエットチョコプディングのレシピ  |  トップページ  |  次の記事 モカ・バナナ・ブレッドのレシピ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2014

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ダイエット!の前にダイエットの基礎知識」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト