Top >  産後ダイエット >  便秘対策にビフィズス菌

スポンサードリンク

便秘対策にビフィズス菌

ダイエットには便秘が大敵です。善玉菌のビフィズス菌はヨーグルトでおなじみですが、美肌ビタミンとも呼ばれるビタミンB群を腸内で合成する働きもあります。ビタミンB群の中でもビタミンB6と葉酸は特に美肌作りに必須な栄養素です。

ビタミンB6と葉酸は腸管から吸収されると皮膚の内部にまで到達して、皮膚の細胞分裂を活発にさせます。そして肌荒れや老化などのスキントラブルを改善する効果があるといわれています。

便秘を予防して、ビフィズス菌を活性化させれば肌の生まれ変わりが正常化されて美肌になれます。便秘予防や消化吸収の手助けをするビフィズス菌は大腸で糖質を利用して増殖し、酢酸や乳酸を生成し、腸の蠕動運動を刺激して便秘を予防しダイエットにも効果的です。

また、ビフィズス菌にはアミノ酸や脂肪を分解して消化吸収を助ける働きもあります。ビフィズス菌が腸の中で増えると悪玉菌が増殖することを妨げ、腸内細菌のバランスを整える効果があります。身体の免疫力も上げて大腸がんや乳がん、老化予防にも効果的といわれています。




スポンサードリンク

 <  前の記事 ストレスと便秘  |  トップページ  |  次の記事 便秘解消に腸内細菌の働き  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2056

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ダイエット!の前にダイエットの基礎知識」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト