Top >  産後ダイエット >  産後太りのしくみ

スポンサードリンク

産後太りのしくみ

近年の家電の発達や機械化によって家事は昔ほど重労働ではなくなり、妊娠ホルモンのリラキシンは女性の骨盤をゆるめすぎる傾向にあります。

産後約2ヶ月ほどで妊娠・出産のために開いた骨盤が元に戻ろうとするのですが、妊娠中に減った筋肉量のために、体がたるんだままゆるんだままになってしまいがちです。

筋肉が減ると基礎代謝も低下して、摂取カロリーが消費カロリーを上回り、余ったカロリーが脂肪として蓄積され、益々体重が減りにくくなります。

骨盤が開いたままだと内臓も下がり、下腹部がポッコリしたり、お尻が大きくなったりします。

産後ダイエットは体重を元に戻すだけでなく、筋力や筋肉量を元に戻してプロポーションも綺麗に戻すことも大切です。筋肉が増えれば基礎代謝も自然と増えるので、少しくらい食べ過ぎても太りにくい健康的な体になれます。


スポンサードリンク

 <  前の記事 産後太りの原因  |  トップページ  |  次の記事 ダイエット食品『玄米』  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/183

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ダイエット!の前にダイエットの基礎知識」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト