Top >  産後ダイエット >  産後太りの原因

スポンサードリンク

産後太りの原因

産後太りなどといわれるように女性は一般的に妊娠出産を経験するとふっくらしますね。優しいお母さんのイメージでいいのですが、元の体型に戻りたいのが女心。なぜ妊娠や出産をすると脂肪がつくのでしょう?

妊娠するとリラキシン(Relaxin)というホルモン(妊娠ホルモン)が分泌されるのですが、このリラキシンは骨盤や全身の靱帯をゆるめる働きがあります。

骨盤の出口は10cmほどしかなく、リラキシンは妊娠期全体を通して分泌されますが、特に初期と後期に多く分泌されて出産時に骨盤が開き、赤ちゃんが無事に産道を通ることができるようになるのです。

ところが、このようにリラキシンの作用で妊娠中に骨盤が開きやすくなり、赤ちゃんが大きく育っていくと、腹筋や骨盤の周辺の筋肉もどんどん伸ばされ、出産後もそのままにしておくと骨盤が開いたままになります。内臓を守るために皮下脂肪が蓄えられて産後太りにつながります。産後ダイエットで元の体型に戻しましょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 内臓脂肪とダイエット  |  トップページ  |  次の記事 産後太りのしくみ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/182

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ダイエット!の前にダイエットの基礎知識」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト